今韓国は小確幸ブーム。

 ❛소확행:小確幸❜

韓国の今年のトレンドはなんといっても❛小確幸❜です。

韓国語で「소확행:ソファケン」と言います。

文字通り「小さいけど確実な幸せ」と言う意味です。

韓国はこのようなトレンド言葉が毎年あり、その言葉を見るとその時の

韓国社会がよく分かるんです~

この数年間のトレンドを見ますと

웰빙:ウェルビング→힐링:ヒーリング→욜로:YOLO→소확행:小確幸のように

変わってきています。

(YOLO;You Only Live Once)

自分とちゃんと向き合い、自分の事を大事に、自分の幸せを大事にしていきたい

人たちが増えたという事でしょうね。

自分の体のためちゃんと考えていいものを取りましょうと言うウェルビング、

ちゃんと自分の内面を見てあげ、疲れた自分を癒してあげようと言うヒーリング。

それから一回しかない人生なんだから遠い未来の事を考えて今を我慢するより

今、この現在を楽しく過ごそうというYOLO。

そして

小さいけど確実な幸せを探し、掴もうと言う小確幸。

言葉だけ見るといいね~いいね~北欧みたい~なんて思うかもしれませんが^^;;

このような言葉が社会現象になる、その裏には以外と言葉とは真逆な厳しい現実があるんです。

実は❛小確幸❜と言うのは1986年村上春樹さんがエッセイ「ランゲルハンス島の午後」で初めて使った言葉だそうです。

引出しの中にきちんと折ってくるくる丸められた綺麗なパンツが

沢山詰まっているというのは人生における小さくはあるが確固とした幸せの

ひとつ(略して小確幸)ではないかと思うのだが

下着のTシャツと言うのもかなり好きである。

おろしたてのコットンの匂いのする白いTシャツを頭からかぶる時の

あの気持ちもやはり小確幸の一つである。(「小確幸」82-3)❜

村上春樹さんが約20年前に使ったこの言葉がなぜ、

今韓国でこんなにブームになったんでしょう。


やはり、前の世代との経済的なもしくは感覚的な格差なんでしょうね。

卒業をしたら就職をし、結婚したら子供が生まれ、

幸せな家庭を築き、夢のマイホームのためにちょき、老後を考えて人生を設計する・・・

のが一般的な考え方だった親世代。

目の前の幸せよりは全て未来のために頑張ったのが親世代だったら。

「サンポセデ(3放世代):恋愛、結婚、出産をあきらめる」と言われてる

今の若い世代には親世代の夢と希望のあるその未来への思いすら

贅沢なわけです。

いつどうなるかも分からない未来のために今を諦めるよりは

せめて目の前の幸せを思いっきり楽しむ!と言うのが最近若い世代の

気持ちなんでしょうね。(YOLO)

❛소확행:小確幸❜はこのヨーロー(YOLO)の実行、みたいなもんです。

日本での❛소확행:小確幸❜が 1970~1980年のバブル崩壊によって出てきた言葉だとしたら

今の韓国での❛소확행:小確幸❜

遠い未来の幸せを考えるよりは今、この目の前の幸せをちゃんと掴もう。

厳しい現実の中で何か特別な事よりは日常の些細な幸せを大事に思おう。

と言う意味で使われてます。

即興的で感情的だと非難して反対する人だちももちろん沢山います。

が、

それでも不確実で不安な今のこの現実の中でめげずに踏ん張ろうとしている

❛希望❜なんだろうな・・・とも思います。

私が大好きな「赤毛のアン」はこう言ってました~

『一番素晴らしく甘い記憶の日々とは、何か素晴らしいとかエクサイティングな

ことが起こった日々ではなくて、真珠の玉が糸から外れ落ちるように、

もっと簡単で小さな喜びいくつか続いたような日々のことである』と。

今の現実からの突破口としての ❛소확행:小確幸❜ではなく

より安定的な暮らし、余裕のある時間などの基礎的なことが整えられた暮らしができ

自然にみんなが毎日の中で些細な幸せを満喫する、本当の ❛소확행:小確幸❜になるといいなーと

心から思います。


エニウェイ~

私の小確幸は^^

猫がお腹の上に乗ってきて、う・・おも・・い・・と思いながら起きること?

イケアで買ってきた家具をだ~れにも触らせないで一人で作ること?

夜中一人で秋の虫の鳴き声を聞くこと? 🙂 

皆様の小確幸はなんですか~?

 

今日はなんとな~く話が暗くなりましたね。

最後はテンション上がる歌をご紹介いたしますので、

どうぞ、お聞き下さい^^

キム・ヨンジャさんの「アモールパーティー」です。

2013年に発表された曲ですが、

昨年大ブレイクして今の老若男女みんなに人気のある曲です。

歌詞をよく聞くと

なるほど~だから再ブレイクしたのね~とお分かりになると思います。

歌の詳しい説明はまたの機会で~^^

簡単に言いますと

♪生きる事はみんなそーなのよ。

誰もが手ぶらでくるの。

小説のような話をこの世にまき散らしながら生きてるのよ。

自分にがっかりしないで。

全ての事をうまくするのは出来ない。

今日より良い明日であればいいの。

人生は今から~アモールパーティー♬

人生は筆を持って何を描けばいいんだろう

悩んでさまよっていた時間がないなんて嘘

言うまでもない

はなされた矢のように

愛した人も行ってしまったけど

その思い出は眩しいそして悲しかった幸せ

歳は数字、心が本当

ワクワクする気持ちに従えばいい

もう悲しいはさようなら

来たら帰る一度の人生よ~

恋愛は必須、結婚はチョイス

気持ちに従えばいい

涙はお別れの泡であるだけ

また来るラブは怖くない~

アモールパーティー~♪♬

 


アモール(Amor)はラブ、パーティー(Fati)は運命。

フリードリヒ・ニーチェ の「自分の運命を愛せ」から出た言葉だそうです~

小確幸もアモールパーティーもみんな「自分の人生」を楽しんで愛して

と言う事なんでしょうね 😛 

楽しい週末を!:-)

アモールパーティー 😛 

 

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA